So-net無料ブログ作成
検索選択

アメリカの不動産売買契約書と融資証明

海外の不動産投資が盛んになっていますが、アメリカの不動産の場合を考えてみましょう。

アメリカではリゾート地としてハワイの不動産が人気が高いようですが、まず希望条件に合った物件が見つかったらDROAと呼ばれる不動産売買契約書を作成します。

この際の融資が必要な場合、日本の銀行ではアメリカなど海外の不動産融資に関してはほとんど許可されていないようです。

アメリカの銀行での融資の場合、返済の審査とても厳しく、アメリカの融資利息は日本の3~4倍は覚悟しなければなりません。

しかし、海外不動産を代行する業者では、アメリカとの間に立ち、不動産売買契約書の作成や融資の相談などにも乗ってくれます。

融資証明などの手続きなど、個人では限界がありますから、不動産投資会社などへの相談が一番です。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産融資に必要な書類

不動産を担保にした融資に関しては、必要書類がとても多いです。

不動産の担保という部分で、本人確認物、収入証明書、源泉徴収票のほかに、固定資産評価証明書、納税証明書、不動産登記簿謄本、公図地積測量図・建物図面などがあります。

謄本図面といったもので、融資の可否を判断することですから、きちんと書類を揃えてスムーズな融資を受けましょう。

また、他に借入がある場合は借入残高証明書や返済予定表の提出がある場合もあります。
不動産担保融資というだけで、金利優遇などになったりします。


「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産、ローン、融資

不動産、ローン、融資で検索をかけると、多数の業者が出てきます。

Googleなどの検索エンジンでは、上位に出る業者というのは、それだけ検索される回数が多いということがあります。

ですから、不動産、ローン、融資の言葉が入る事件などがあった場合は、業者ではなくニュースが上位に進出してきます。

その時々にもよりますが、名前が知られているような業者は比較的上位に表示されます。

実際に不動産ローンを利用したい、融資をうけたいという場合、ある一定の条件をもって、検索をかけてみてください。

それが地域だったり、金利だったりといろいろですが、アンド検索などで、細かく分類をすると、お好みの不動産ローン融資の業者や話題が検索されます。

銀行系、ノンバンク系などの細かな検索も有効ですから、不動産融資、不動産ローンで是非検索をしてみてください。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス