So-net無料ブログ作成

不動産担保融資に必要な権利書

不動産担保融資に必要な書類の中に、権利書があります。

権利書とは、不動産について、現在有効な所有権の登記を行った際の登記済証の事を言います。

何かの手違いで、この権利書が紛失してしまった場合、保証書という書面を作成すれば、登記をすることができます。その手続は面倒ですから、不動産担保融資を受けようという場合は、書類に不備があると融資不可能になりますから、権利書の有無など事前に調べておきましょう。

その他にも、不動産担保融資の際には、融資会社から言われたものの書類を提出しましょう。

不動産担保融資会社によっては、提出書類は変わります。


「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産融資の保障事業

国や自治体などの制度で保障協会などで不動産融資をしていることがあります。

金利など低い設定ですから、返済の時は楽ですが、不動産担保ということで、もし返済が不可能になった場合は、不動産で支払うという形は、融資会社と仕組みは同じです。

保障という名前が付き、公的な融資機関ということですから、返済に関しては一定の猶予などもありますし、返済を要求するのにもそれほど厳しいものはないことでしょう。

返済しなくても良いという意味ではなく、不動産担保としてもらっていますよというソフトなものでしょう。

しかし、そんな甘いことではないというのは、一定の返済猶予が終われば、不動産はなくなります。

保障協会などの不動産担保融資の審査は結構厳しいものですから、それにクリアできるかどうかが第一関門ですが、いずれにせよ返済見込みのない融資というのは考えないことです。

最悪、自己破産ということもありえますが、一応は、不動産担保融資の場合、自治体などの保障協会などに当たってみることはしてみましょう。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産転売融資とは?

転売用の不動産融資というローンもあるようです。

転売というと、この先の値上がりを見込んでの融資ということになりますから、不動産担保ローンなどとはちょっと質が違うものになります。

ですから、転売不動産融資をお考えの方は、転売用の不動産融資を行うことをお勧めします。

地域限定の場合もありますから、転売用の不動産融資の場合はも、お近くの融資会社への問合せをしてみてください。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス