So-net無料ブログ作成
検索選択

不動産融資の総量規制とは?

不動産融資総量規制とは、金融機関が行う不動産融資の内容について、ある程度の抑制を求めた大蔵省の行政指導のことです。

平成2年に行われた不動産総量規制は、異常な地価高騰を抑制しようということで行われ、一定の効果が認められました。

それまでがバブル全盛期でしたから、土地を持っているだけで財産が倍増、土地ころがしなど言う言葉があったほど、不動産への関心と金融機関の貸し出しの排出にストップをかけたというのが不動産総量規制ということです。

今は、この不動産総量規制は行われてはいなくて、抑制指導を行ういわゆるトリガー方式が平成6年まで続き、その後は不動産総量規制の適用が停止されました。


「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産取引融資規制について

不動産取引融資規制については、融資会社に対して要するに危険な不動産取引融資をしないことということです。

土地神話というと、バブルの象徴のことのようですが、最近の日本においても米国のサブプライム問題で金融機関や融資会社は大打撃を受けています。

ですから、簡単に不動産取引融資をするのではなく、融資会社としては借主の信用状況によってはある程度の規制の概念を持ってしないいけないというものです。

具体的には、不動産を担保とする土地取引の場合、土地だけの価値ではなく、年収が500万円以下である場合、一部の金融機関や融資会社で不動産融資を渋るという話も出てきています。

そういった場合、ノンバンク系の不動産融資会社などですと、簡単な審査などでほいほいと融資をしてくれる場合もありますが、実は高い利息をとるなどの手段が指摘されています。

不動産取引融資といっても大きな取引ではないにしても、底値にしても何百万というものですから、一歩間違えると大変な取引ということになります。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産融資規制とは?

不動産融資規制という言葉を聞くと、思い出すのはバブル時期です。

地価高騰というのか、日めくりカレンダーのような状態で高騰して息、それを見た金融機関は不動産融資を見境なく行ったものでした。

十分に元は取れる金額と踏んだのが甘かったのでしょう、それと派手なパフォーマンスが原因か、その当時の不動産融資の担当の金融庁や日銀の介入でがっつリ不動産融資規制がかかりました。

このことは、不動産融資の世界ばかりではなく、株や投資信託、reitなどの投資商品にも飛び火したのは言うまでもありません。

やがてバブルははじけ、不動産融資は規制云々ばかりではなく、銀行などはぴったり貝ノ口をふさぎ、一気に御祭りムードは消えてしまいました。

このようなことは、不動産融資規制が原因というわけではなく、バブルに踊らされた日本の歩んだ道ということでしょう。

あれからも約20年も経ちますが、不動産融資規制と聞くと、英華衰退を思い出す年代もいることでしょう。


「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス