So-net無料ブログ作成

銀行融資と不動産の関係

貸し渋りという言葉があったとき、銀行は貝のように融資を拒んでいたというときがありました。

確かに回収ができないような不良債権はとんでもないということですが、世間から見たら、やりすぎという感じも受けました。

担保となる不動産を差し出したとしても、地価が上がっているような場所ならまだしも、地価下落の真っ只中の不動産に対しては冷たい態度の銀行でしたが、それにメスを入れたのは国でした。

結局、不動産融資などを渋ることによって、弱い中小企業などは資金繰りに悩み、個人としても高金利のノンバンク系の融資会社へ行かなくてはならない状態になってしまうからです。

こうなってくると、少しずつではありますが、銀行での不動産融資がされるようにはなっていますが、審査と称して、実際融資が始まるまで時間がかかったりします。

ですから、このようなことが起きないようにするには、自分のメインバンクを作っておく、銀行とのお互いの信頼関係を構築するなどの努力も不動産融資の一助となるかもしれません。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


銀行で不動産融資

銀行での不動産を担保とした融資を受ける場合、少し時間がかかることを念頭に入れておきましょう。

それは審査が厳しいと言われているからです。ファイナンス会社と違い、審査書類が煩雑なのが銀行です。

すぐに融資が欲しい、という場合は、不動産融資を行っているファンナンス会社の方が早いということが言えます。

銀行というと、どこでもというわけではなく、自分か親族がメインバンクとしている銀行の方が不動産融資の話は進むと思います。

その際に、信用金庫など地元に密着した営業をしている銀行ですと、不動産融資という面においてもメリットがあるかもしれません。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


銀行で不動産担保融資を

メインである銀行からの不動産担保融資という場合、第一に大切なのは信用です。

事業融資である場合は特にですが、個人での不動産担保融資にしても、ある程度のお付き合いがあるなどの信用がとても大切になります。

ですから、昨日今日の付き合いでの銀行からの不動産担保融資の可能性はないとみてよいでしょう。

ところで、現在、貸金業の中でも、銀行系の融資会社も数多くあります。

この銀行系の融資会社を通じての不動産担保融資は比較的楽に借りることができます。

そのかわり金利が高い?などという心配もありますが、銀行系の融資会社での融資を検討する方が早くに結論が出そうです。


「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス