So-net無料ブログ作成

銀行で不動産融資が受けられない

不動産を持ちながら、銀行融資が受けられないということがあります。

それは、融資を受ける側が高齢であったり、定収入ではないといったことが条件となって、銀行がNOと言ってしまうようです。

このような場合は、銀行からの融資は諦めなければならないのですが、高齢者であれば、リバースモーゲージという方法があります。

不動産を担保として融資を受けるのですがも返済の義務がなく、その代わりに担保である不動産も手放すということです。

高齢者のみの取扱で、日本の銀行などでは一部しか取扱っていない制度ですから、地域的には難しいかもしれません。

国からの融資という形もありますが、困難と思わず問い合わせてみてください。

銀行なら、地元の銀行などが比較的不動産担保融資の窓口が広いかもしれません。


「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


融資が大変、不動産投資

不動産投資が目的で銀行からの融資を受けようという方、ちょっと審査が厳しいかもしれませんよ。

この頃はそんな話をよく耳にします。

以前の不動産投資の時はOKだった書類も今回は勘弁と門前払いだったということもあるようです。

ひとつの要因として、米国のサブプライム問題でしょう。

不動産や金融市場の悪化が銀行などに危機感を煽っています。実際に、融資の回収不可能になった被害を蒙っている場合もありますから、当然のことかもしれません。

また、外国の不動産投資ファンドの資金回収の確保の為、売りに転じた、外国人投資家の暗躍という話もありますが、金融不安ということが最大の貸し渋り、融資をしない原因であることは確かです。

では、不動産投資を諦めるかというと、そうではなく、ノンバンク系の融資であれば、比較的楽に受けられます。

ただし、金利は高いですから、ある程度の覚悟できてから、不動産投資をお考えのほうが良いと思います。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産融資を銀行で

銀行不動産を担保として受けられる融資の場合、条件としてはどこの銀行も同じでしょう。

不動産そのものの価値は極端な下落はないものの、返済する本人の年齢などは考慮に入り、返済時で75歳を超えている場合の融資は難しいでしょう。

又、不動産融資を受ける場合、その銀行が契約する団体信用保の加入が義務付けられますが、この加入に認められないと融資はアウトです。

又、返済には安定した収入というのは大条件で、銀行によって年収の金額は変わりますが、安定したという部分ではどの銀行も共通です。

保証会社の保証というのも、銀行不動産融資を受けるのには最低限の条件となります。

自分の場合はどうなんだろうと考える前に、まずは銀行に出向いてみることが大切です。
タグ:年齢 返済 保証

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス