So-net無料ブログ作成
検索選択

不動産融資と銀行

今の時代、融資に関しては、柔軟な態度がありがたいです。

零細企業や中小企業の経営者にとっては、不動産担保融資先を探している状況です。

しかし、銀行は貸し渋りの状態であるため、高い金利の金融機関へ不動産担保融資先を変更を余儀なくされています。

国としても、返済期間の猶予などの政策を打ち出していますが、経営者にとっては厳し現状は変わりません。

又、地価の下落も不動産担保融資を難しくしており、銀行側としても辛いところでしょう。

銀行もつぶれる時代になっていますから、過剰な融資は避けたいところですが、日本経済の発展の為にも、ここはがんばりどころといえるでしょう。

頼みは銀行という部分がありますから、不動産担保融資もスムーズにできる時代を待つしかないのでしょうか?

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産担保で銀行からの融資

不動産担保として銀行からの融資を受けるという場合、その目的がはっきりしないと融資ができないということがあります。

最初から住宅ローンとしての融資であれば、その銀行の商品へ紹介ということになります。

住宅が目的ではなく、融資が目的という場合、銀行融資が厳しいか、フリーローンとして、金利が少し高くなるということがあります。

それでもノンバンク系の融資よりも金利が低く、信用問題にもかかわるというのなら、銀行からの不動産担保融資が良いかもしれまぜん。

その場合、年収や返済能力などの厳しい審査や保証人の有無など、書類上は厳しいことも多いと思います。

それらのことが難しい場合、不動産担保融資は、銀行ではなく銀行系の金融機関での融資ということになります。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


評価額200%の不動産投資

不動産を担保とする融資で、その不動産評価額200%までの融資という金融機関があります。

これが銀行などの金融機関ですが、ここからの説明を聞いたら納得です。

それは住宅ローンの借り換えの場合で、新規で評価額200%の融資というのはあまりないでしょう。

勤続数年以上の会社員、もちろん返済可能な方で、年齢も制限がありますし、年収によっては限度額は変わります。

信用金庫など地元の銀行ですと、借りやすいということもありますし、地域限定もあったりします。

このような不動産融資によって、今の返済を楽にしたいなどという場合の適用です。

200%と聞いただけで、大丈夫かなと思ってしまいますが、銀行が相手ですと安心ですね。


「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス