So-net無料ブログ作成

不動産担保融資と国民金融公庫

不動産担保融資は、銀行や融資会社では低金利に優遇され融資されますが、肝心の担保となる不動産がない場合は困ります。

一部の融資会社の場合、本人以外の所有の不動産であっても担保にすることが可能になっていますが、難しい状況でしょう。

しかし、国民金融公庫など、公的な制度融資には、不動産担保のいらない無担保融資があります。

この場合、国民金融公庫では、審査が必要なわけですが、条件が揃えば、不動産担保も必要もなく、低金利での融資が可能です。

ですから、時間的な余裕があり提出書類が揃うようであれば、最初から国民金融公庫での融資をお考えになることをお勧めします。

各市町村の自治体などでも、不動産が無担保の融資制度がありますから、国民金融公庫同様に考えても良いかもしれません。

なお、国民金融公庫は、2008年10月1日、株式会社日本政策金融公庫に業務が移管されました。


「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産融資を国民金融公庫で

国民金融公庫と銀行は融資に関してどちらがお得?

銀行などの金融機関から融資を受けようとすると、不動産の担保を求めらるのは当然のことです。

それも不動産担保で融資が受けられればまだ良いほうです。

国民金融公庫融資金額が小口という場合が多いので、不動産担保を求められることはありません。しかし、連帯保証人は必要です。

500万円くらいなら、不動産担保の必要がない国民生活金融公庫からの融資が良いでしょう。

しかし、しっかりした連帯保証人というのが条件です。

また、国民生活金融公庫であったとしても借り入れ金額が1,000万円以上の場合は、条件が変わってきて、不動産などの担保が必要となります。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


公的不動産融資のいろいろ、高齢者の例をとると

高齢者で無職の方が不動産融資を受けるという場合、公的機関を利用すると良いでしょう。

リバースモーゲージという融資制度があり、不動産を担保にして融資を受け、返済はその不動産で賄うというものです。

この公的な制度は高齢者が限定になっています。

しかも公的な機関での融資制度ですから、安心です。

又、担保にした不動産にそのまま住んでいることも可能ですし、返済能力があれば、担保になった不動産はそのまま残ります。

公的ということで金利も低い設定ですから、返済が難しいと思われる高齢者の方でも安心して融資を受けられます。

高齢者が安心して融資を受けるには、不動産があれば他にも公的公的じゃない機関でも制度がありますから、まずは自治体や国へ相談してください。


「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス