So-net無料ブログ作成

不動産担保融資で資金繰り

資金繰りは大変なことですが、不動産担保融資という手があります。

これは、不動産担保にして融資を受けますが、できればその不動産は単なる担保としてだけにしたいところです。

無担保の場合よりも融資額は見込めますし、低金利になりますから、急場をしのぐ資金繰りには最適です。

ただし、最初から返済に困りそうな場合は、別の手立てを考えましょう。

不動産担保ではなく、無担保で低金利で長い返済期間がというのは難しいところですが、従業員を抱えての資金繰りで、建物などを担保にしてしまうと不安はあります。

会計士などと相談をした上ですが、不動産担保融資資金繰りの場合、返済計画と先の見通しというのも大切なことです。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産担保で生活支援融資、老齢の場合

不動産担保生活支援のための融資を行うことができます。

これ公的な融資制度で、老齢(65歳以上)を対象としたリバース・モーゲージというものです。

不動産を担保して、一定の融資を行うものですが、借主である老齢者が生存中は返済の義務はありません。

ですから、その不動産を住まいを持ちながらも、自分の不動産で生活支援融資が受けられるということです。

自治体が主体となり、全体国的な展開をしているリバース・モーゲージですが、普及はあまりしていないのが現状です。

老齢者が快適な毎日を過ごすための生活支援を自分の不動産で行うわけですから、画期的な制度です。

米国などでも行われている制度ですが、相続人などの問題などから、不動産担保生活支援融資というのは、日本ではまだまだのようです。

「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス


不動産競売融資について

不動産競売に物件で、良いものがあるけれど、なかなか手が出ないという場合、不動産競売融資というものがあります。

競売の段階から融資会社といっしょですから、有利な融資ができます。

運転資金や開業したばかりで資金が足りないという場合、是非ご利用ください。

銀行系の融資会社もありますから、安心して融資を受けることができます。

不動産融資に関しては様々な種類がありますから、不動産競売融資のある融資会社での資金調達が都合よいでしょう。

競売では、良い物件が安く入手可能ですから、チャンスは確実に者にする為の不動産競売融資をご利用ください。


「イー・ローン」不動産担保ローン一括申込サービス